トップページ
English

挿入型電磁流量計

挿入型電磁流量計

挿入型電磁流量計は、水道・工業用水などにおける広範囲の口径の流量計測を目的として
開発された流量計です。
管内の平均流速を測定することにより安定した流量測定を行い、測定範囲も微少流量 (0.01m/s)から大流量(5.0m/s)まで有しております。

特徴

  • 検出器は、広範囲(50A〜2000A)の配管に対応できます。
  • 微少流量から大流量の計測が可能です。(流速値に於いて0.01〜5.00m/s)
  • 測定方式が電磁方式なので、可動部がなく耐久性に優れます。
  • 不断水穿孔工事により、既設配管に断水することなく設置することが可能です。
  • 出力信号がパルス信号で得られるため信号の伝送距離が1km迄延長可能です。
  • 製品は国内製作の為、メンテナンス及び校正も迅速に行えます。
  • 仕 様

    検出器

    演算器